父のこと

24時間テレビを観ると、いつも思い出すのは父のこと。

父は3年前に亡くなったのですが、その年の24時間テレビの中で放送された、実話に基づいたドラマを観て
泣いてばかりいました。

泣きすぎて頭がぼーっとしてしまうくらいでした。

それまでは、死というものをあまり身近には感じられてなくて、実感としては無かったのですが、
父が亡くなってから初めて本当の意味で理解できたのかなと思います。

こんなに早くにいなくなってしまうなんて思っていなかったので、それからは後悔の日々。

父とはあまり心を割って話をしたことがなかったので、もっともっと話をしておけば良かったなと思いました。

どうして神様はこんなことをするのかなと裏切られた気持ちにもなりました。

一年間くらいはずっと心から笑うことはできなくて、「笑うってどうやったらできるんだっけ?」と
思っていました。
何かを楽しむことにもすごく罪悪感がありました。。。

でも去年三回忌が終わって、ようやくその気持ちから解放されました。

父が望んでいることは、きっと私がいつも笑っていること、幸せになることなんだって思って
やっと気持ちを変えることができました。

でも、そう思えるようになるにはやっぱり時間が必要でしたね。
無理に気持ちを変えようとしたら、きっと後々出てきたり…どこかに歪みが出たり。。。

いっぱい落ち込んでどん底までいったからこそ、立ち直れたのかなと思います。

その時の正直な気持ちを表現したくて作ったのが、「星空のセレナーデ」という曲です。
一昨年の冬のコミックマーケットで販売させていただきました「時の翼」マキシシングルに入っています。

そしてその曲の、父からのアンサーソングとして作った曲が、今年の3月に発売されたミニアルバム
「GOING ON」に入っています「君がくれたコトバ」です。

どちらも私にとっては大切な曲ですね。

ライブで歌うときには、いつも父を思い出しながら歌っています。
どこかで見てくれているかなと思いながら。。。



今日も最後までありがとうございました。

スポンサーサイト

カラオケ~姉と行くの巻~

パソコンが復旧しました!!

良かったよかった♪

ブログを始めたばっかりなのにホントどうしようかと思っていました。。。

今回は書こうと思ってて書けなかった「カラオケ」のことを書きたいなと思います。

先日、久々にお家に遊びに来た姉に「カラオケ行きたいなー♪」と誘って行ってきました。
姉はちょっと遠い所に住んでいて普段はなかなか会えないので、会えた時には嬉しくて
妹気分を満喫してしまいます。

姉から「いーよー!」とすぐにOKをもらいました。
それもそのはず、姉も歌が大好きで、今もボイストレーニングに通っているほど。
一緒に同じところでゴスペルを習っていた時期もありました。

歌声は違うけれど、これがなかなか良い声なんです。
でもなぜか笑い声だけはそっくりな私たち。
あと、歌うときの手の振りなんかも似ていますね。


先月体調を崩してから咳だけがなかなかとれなくて、やっと治まってきたので
「思いっきり歌うぞー!」と私もかなりはりきっていました。

……が、姉が「採点をつけようよ~」と言い出したので採点をつけて歌ってみたら、
見事に姉に負けてばっかり。。。(><)
姉はほとんど90点以上だというのに、私は80点代ばかり。

さすがにこれはまずいぞと思って、自分の曲「end of refrain~小さな始まり~」を
本気で!!歌ってみました(笑)

すると、でましたーーー!!!96点!!!

そっか…本気度が足りなかったのかと一人うんうん納得し、その後は全曲本気で歌いました。

良い調子いい調子♪と歌っていたのですが、一曲だけ同じ曲「涙そうそう」を歌ってみたら一点差で負けました。

…本気なだけじゃダメなのね、出直してきます…と思いました。
これからまた日々の鍛錬を積んでまいります。

結局、総合的に負け、お家に帰ってきました(:;)


でも、久々に思いっきり声を出してホント気持ちよかった!!
声が枯れてかすれた声しか出せなかった時、このままこの声になったらどうしよう~~~と不安だったので。

人ってちゃんと回復するもんですね。
いつも体はがんばってくれている。
感謝しなくちゃな。


それにしても歌って楽しい!
歌に出合えて本当に良かったな。

みんなにも出会えたし。
色んな経験もさせてもらってるし。


これからも自分らしく歌を歌って生きていけたらいいなと思っています。

今日もありがとうございました。



「野心のすすめ」

最近、林真理子さんの「野心のすすめ」を読みました。

本を読むことが大好きで、特に何か心に衝撃を受けたときなどには読みたくなります。

それで前回のブログ、「歌うこと」について…を書いた日に買ってちょこちょこ読んでいました。

前回のブログでも触れましたが、高校に入るまでは自分の声のことを何も言われたことが無かったので、
言われた時には本当にびっくりして、「え?私ってそんなに変な声だったのか……」と思いました。
自分の声や自分自身を責めてた時期もあったり。

でも、今はこの声が大好きです!

友達に誘われてゴスペルを始めて、歌う楽しさを、自分を解放する心地よさを知ってから。
ゴスペルではソプラノを担当していて、私の声の高さを活かすことができました。

初めてのゴスペルライブは教会でやったのですが、もう、大大大号泣!!
みんなも泣いていて…人目を憚らずこんなに自分を解放したのは初めての体験でした。

でも、ライブが終わって片づけの頃にはもう私ケロッとしちゃってて、せっせと片づけに集中していたら、
それを見た友人が「あんなに泣いてたのに。。。」と、たいそう驚いたそうです。
それは、昔も今も変わってないですね(笑)

どんなに泣いてても歌の時になると、「はい、それでは次の曲は…」と普通にMCをして歌ったりするので、
時々「ウソ泣きか??」と内輪であやしまれることもしばしば。。。
でも、ちゃんと泣いてちゃんと歌っています。
たぶんどこかにスイッチがあるのでしょうね。


話がだいぶそれてしまいましたが、林真理子さんの「野心のすすめ」にもどします。

私は、何か悔しい思いをしたりするとエネルギーが湧いてくるタイプなので、その時もその勢いのまま
この本を購入しました。

ここでまたちょっと話がそれてしまいますが、2年くらい前に私がまだギターを本気でやっていなかった頃
アイブのタケシさんに厳しく怒られたことがあります。
そしてちょうど同じ頃に高瀬さんにももの凄く怒られました。

すごくすごく悔しい!!!と思って、「絶対ギターも上手くなって、曲も作れるようになってやる」と
心に誓ったんです。なので、今の私があるのはアイブのお陰です。

いつかタケシさんと一緒にギターセッションをするのが私の目標です。

そして、これだけは書いておきたいのが、もっと成長していつかまたKOTOKOさんと一緒に歌うことが
私の夢です。
KOTOKOさんは私にとって「師匠であり、お母さんです♪」って言ったらいつも「お姉さんにして~~~~」と
言われてしまいますが、要するに!色んなことをいっぱい教えてくれて、温かい存在だったってことです。

いつか実現することを夢見て日々精進していきます。

また「野心のすすめ」がどこかへ飛んでいってしまいましたが、この本とってもオススメです。
新たな活力を生み出してくれるし、「野心」と「努力」の大切さを教えてくれます。
そしてどんなに挫けても、挑戦する勇気を与えてくれます。

「自分や現状を変えたい」と思っている方には、ぴったりの本だなと思いました。
興味をもった方は、ぜひ読んでみてくださいね。

私も色々挑戦していきたいなと思っています!

今日も最後までありがとうございました。
プロフィール

カオリン

Author:カオリン
名前:詩月カオリ(うたつきかおり)
性別:女性
血液型:A型
誕生日:9月6日
職業:シンガーソングライター
出身地:北海道
自己紹介:音楽レーベルFelisに所属。素敵なバンドメンバーに囲まれて、音楽活動をやっております。
     

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR